1/fゆらぎを利用した技術指導・防音・防振設備の技術指導や講演・講習活動 騒音測定 振動測定 生活騒音 交通騒音 音響設備 音響効果 低周波音 エーアール
エーアール エーアール・TOP エーアール・会社概要 エーアール・事業紹介 エーアール・お問合せ 音のはなし
エーアール・TOP エーアール・会社概要 エーアール・事業紹介 エーアール・お問合せ 音のはなし

エーアール・事業紹介
音のコンサルタント業務
騒音・低周波音・振動 調査・測定・解析
防音・防振・音響設計・施工
機器の低騒音化設計・音利用技術
音響材料開発・製造・販売
音響関連の各種技術指導
環境に関する講演・出版
1/fゆらぎを利用した技術指導・防音・防振設備の技術指導や講演・講習活動・実績一覧
1/fゆらぎを利用した技術指導・防音・防振設備の技術指導や講演・講習活動
 

カウンセリング業務
エーアールでは騒音防止対策や環境改善に対するコンサルタントだけではなく、音で悩む方、また聴覚などに不安を感じておられる方を対象に心理的・教育的側面からのサポートも行っております。
身の回りの音に対する問題に不安を覚えたり、どのように解決をすればよいのかお分かりにならない時、ゆっくりお話を伺い、良い方向に向かえるように、ご一緒に考えさせていただきます。
現在は音の悩み以外にも、何となくモヤモヤする…、気持ちが落ち込む、学校に行けない、人間関係をうまくするにはどうしたらいいの?などなど、相談者自身が気づきを得られる介入を行います。

完全予約制。相談内容の秘密に関しては厳守いたします。
ご気軽にお問い合わせください。

                       
心理カウンセリング(1回60分前後を費やします)
  不安を抱えていらっしゃる方/難聴児・者およびそのご家族
心理検査(その後カウンセリングをご希望の方のみ)
箱庭療法
発達上の問題に関する教育相談 / 教育指導
音を利用した難聴児・言語障害(構音)障害児への音声言語指導(幼児より〜)
サウンドスペクトログラムを用いた音声分析(その後のコンサルタントは別途)

レクチャールーム   カウンセリングの様子    
レクチャールーム
 
カウンセリングの様子
   

  お問合せ
箱庭療法セットとキットの一部
   
 
                                            
                                                                                                   
                                             臨床心理士 福原安里 のご紹介

                                            30代女性。
                                            先天性の高度難聴、小耳症、上肢母指欠損、顔面麻痺による構音障害がある。
                                            医師に「3日の命」であると宣告され、

                                            「例えどんな姿でも良い。言葉が話せなくても良い。相手の声が聞こえなくても良い。
                                            ただ生きてほしい。生きて、安心して、安全に、古里の家に帰れますように・・・」

                                            
                                            そんな祈りを込めて、安里 (Anri) と名付けられた。
                                            
                                            小学校時代は病弱であったこと。
                                            中学時代は障害を原因としたいじめに合い、不登校。
                                            高校で初めて学校生活の楽しさを知る。
                                            
                                            城西大学女子短期大学部英米文学専攻時、アメリカ留学(カリフォルニア大学リバーサイド校)。
                                            卒業後ルーテル学院大学神学科編入。同大学院総合人間科学研究科修士課程にて神学・臨床心理学を学ぶ。
                                            修了後、ルーテル学院大学附属臨床心理相談センターおよび昭和大学附属豊洲病院小児科にて
                                            カウンセリングを行う。
                                            その後青山学院大学大学院博士前期課程にて教育学を専攻し、
                                            子どもとその周辺の人々の視点に立ったカウンセリング提供を目指す。
                                            
                                            現在は(株)エーアールカウンセリング事業部にて、心理相談、教育相談を中心とした臨床に
                                            関わりながら、保育園、小中学校、老人ホーム、補聴器販売店などで講演・講座を開講する。
                                            その一方で、博士後期課程に在籍し難聴児・発達障害児などの教育支援についての開発研究を
                                            行っている。
                                            臨床・研究両側面からのアプローチを特徴とする。
                                            
                                                                                         
                                            生まれつき聴覚・上肢に障害があり、音声言語獲得のために音刺激、音楽トレーニングを
                                            受けてきた経過がある。その経験を体系化し、同じような障害に悩む子どもたちを対象に
                                            エーアールでは音や歌唱を用いたトレーニングも提供。
                                            
                                            利用者からは、
                                            カウンセリングでは話をよく聞いてくれる。
                                            言語トレーニングでは遊びながらトレーニングが出来るため効果が出やすい。
                                            また同じ目線に立ってくれる先生のため話しやすい
                                            などと好評を受けている。